システム

システムの導入を考える

文書管理のニーズについて

システム

世間には様々な文書管理システムが存在しますが、企業によってニーズは千差万別です。基本的な文書管理とはExcel,Word,Power Point,PDFなどの媒体を対象にキーワードや文字検索を行えるものが一般的でしょう。文書管理システムは情報資産を探す行為にかかる時間を短縮させるメリットがあります。しかし最近ではビッグデータという企業全体の情報資産を管理し、有効活用して行きたいというニーズが生まれてきました。しかし中々このビッグデータを有益に管理している企業は多くありません。これは部門や個人ごとに情報資産を所有している事が多く、保存媒体を複数所有している事に原因があります。又はCADデータや加工プログラム、

ビッグデータを活用する仕組み作りを行う

ここでは業務ケースに合わせて次期文書管理システムの活用メリットを説明します。1設計を行う部署での課題設計者ごとに経験の差があり、設計作業時間や品質にばらつきがあるケースが存在します。例えば過去に生産した事のある類似部品を若い社員が何時間もかけて設計していたりしませんか。この時に生産したもののキーワードでCADデータが検索出来き、検索したデータを参考にして素材や寸法を少し変更するだけの設計作業で時間や品質が向上する場合があります。2監査対策での課題業界の方がよりイメージしやすい様に、ここでは航空機の生産に携わる企業を例にします。航空サプライヤーは厳しい監査があります。それは形態管理(トレーサビリティ)です。誰が、いつ、何を、どのように、何に従って作業をしたのか。その生産した部品などは正しく引き継がれ、生産をされているのかなどですね。監査の時には上記の事を制限時間内に提出せよという、企業の管理体制も見られています。

Copyright©2015 JISQ9100で管理を徹底しよう|企業の信頼勝ち取るシステム All Rights Reserved.