システム

国際規格だから信頼される

ISO39001とはどういう国際規格なのか

パソコン

ISO39001という規格を聞いたことはありますか。ISOというのは国際規格で、世界のどこでも使える標準化された規格です。環境など様々な領域でISOの国際規格が作られ、世界中で標準的なレベルとなるようにされています。ISO39001もそうした国際規格の一つで、道路交通安全を目指すために必要となる各種取組みに関するマネジメントツールの国際規格です。取得対象は、道路交通安全に関わるあらゆる組織となっています。ISO39001ではPDCAサイクルの中でより道路交通安全を推進できるための概念が整理させています。組織設計リスク軽減の取り組みをプランし、各種運用の実行、事故調査によるチェック、それをレビュー。こうした方法論をISO39001では整備されています。

どうすれば取得すればできる規格なのだろうか

こうしたISO39001はどうすれば取得できるのでしょうか。流れとしては他の国際規格と大きくは変わらないです。まずは、自社の中で各ドキュメントなどを整備した上で、申請を出します。すると認定機関より申請書が届きますので、必要事項をしっかりと記載しましょう。また書類審査だけではなく実地調査もあることがポイントです。およそ半日間ほどかけて認定機関の調査を受けます。これで問題無ければ認定されます。気を付けるポイントとしては、一度認定してもらって終わりではないという事です。継続的に交通安全にかかるマネジメントツールが機能しないと意味がありませんよね。こうした観点で、定期的な継続調査が行われています。しっかりと国際規格の精神を受け入れた上で導入を検討してください。

Copyright©2015 JISQ9100で管理を徹底しよう|企業の信頼勝ち取るシステム All Rights Reserved.